ローヤルゼリーで若返り!

メインイメージ

睡眠の質を高める

ローヤルゼリーを摂取することで、眠りの質を高めることができます。
眠りの質を高めることによって、肌がきれいになったり、身体が元気になるので中高年にとっては絶対に覚えておきたい生活の知恵と言えるでのはないでしょうか?

眠りの質を高めるには、ローヤルゼリーのサプリを摂取するだけでなく、不眠のタイプを知るということも大切な要素です。
不眠には三つのタイプがあり、三つの段階を経過して病気や体調不良などにいたります。
深刻な事態になる前に、ローヤルゼリーをはじめとする健康食品を活用して元気な身体をキープしましょう。

そもそも起きて眠るというリズムは、脳の睡眠中枢と覚醒中枢の働きがバランスをとりあえって保たれています。
しかし、ここにストレスが加わることによって、そのリズムが崩れてしまうのです。
ストレスは脳の情動中枢を興奮させ、その興奮が覚醒中枢が刺激してしまうため、睡眠中枢とその働きを交代するタイミングになっても、なかなか交代できずに、結果眠れなくなってしまいます。

もちろん、ストレスの原因がはっきりしている場合などや一過性のものと考えられる場合は基本的に問題が生じることはありません。
しかし、眠れない理由が特に思い当たらないのに寝つきが悪い。
途中で起きてしまう、朝早くに目が覚めてしまうなどの症状があるときは、ケア・対策が必要と考えましょう。
特に朝早く目が覚めてしまう早朝覚醒はうつ病の初期症状と考えられるケースもあるので、軽視することができません。
しっかりと向き合うことが大切です。

不眠が長く続いてしまうと、次第に眠れないこと自体がストレスになり、そこからうつ病などが引き起こされることもあります。
そうなる前に、しっかりと眠れるように対策を講じて、ストレスを取り除き、睡眠中枢と覚醒中枢のバランスを正常に戻してあげましょう。

基本的には、毎日同じ時間帯に眠ることを心がけるのが大切。
また、運動やスポーツなどでストレスを解消することが、基本です。
そこにローヤルゼリーのサプリを加えれば、デセン酸などの特有成分の作用で効率よく質の高い睡眠をとることができる様になります。
なかなか眠れないということで悩んでいる方は生活の中にサプリを取り入れても良いのではないでしょうか。

不眠は、脳の休息時間を奪ってしまうというのが問題。
最初は一過性でも、人間関係や仕事のストレスで眠れない状態が数週間続いてしまい、慢性化してストレスが解消されても眠れないという状況になるケースも。
睡眠と覚醒のリズムが定まらないと、脳が休まるノンレム睡眠の時間が減り、眠りの質が悪化してしまいます。
眠っているのに寝ている気がしないというのは、眠りの質が低下しているサインです。
気をつけましょう。

神経の働きを正常にするのに役立つのは、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル。
さらに、ビタミン類ならビタミンB群が挙げられます。
いずれもローヤルゼリーのたっぷりと含まれています。