ローヤルゼリーとアミノ酸

ローヤルゼリーで若返り!

メインイメージ

ローヤルゼリーとアミノ酸

人間の身体は大きく分けて、水分、脂質、そしてタンパク質の三つに分けることができます。
この中でも最も重要と言えるのが、タンパク質です。
タンパク質は、内臓や血管、皮膚や分泌液、筋肉などを構成しています。
つまり、食べ物の消化や生殖活動など体の基本的な動きはすべてタンパク質を主体に行われているのです。
言い換えれば、それはアミノ酸によって行われていると言えます。

髪の毛や血液にいたるまで10万にもおよぶタンパク質が体内にありますが、それらはいずれも、たった20種類のアミノ酸でつくられています。
そんな背景から、生活習慣病の治療でアミノ酸を重要視する医師も増えていると言われています。

筋力を高めたり、脂肪の燃焼を促進させたり、美肌効果を発揮したり、様々な働きがアミノ酸にはありますが、それだけでなくメタボリックシンドロームや高血圧など生活習慣病にも対応してくれるのです。

そんなアミノ酸はローヤルゼリーにたっぷりと含まれています。
サプリから摂取することによって、上記した効能をしっかりと実感できるようになるでしょう。

人間の身体をつくるアミノ酸は全部で20種類ありますが、これらのつながり方や組み合わせによって10万通りものたんぱく質が作られます。
そして、その組み合わせ方をアミノ酸組成と言いますが、その組成こそがアミノ酸が万能と言われている理由です。

例えば、アミノ酸はコラーゲンの原料でもあります。
コラーゲンと言えば、お肌の弾力を守り、プルプルにする美肌成分として知られていますね。
そのコラーゲンのアミノ酸組成はグリシン・アラニン・プロリンを主体に全16種類から組成されています。
スキンケア製品などにも、グリシン・アラニン・プロリンなどのアミノ酸が配合されています。
ローヤルゼリーを主体にしたスキンケア製品にも、これらの栄養素が含まれています。
これこそが肌をキレイにする理由そのものと言えるでしょう。

コラーゲンの美肌効果のほかにも、アミノ酸には効果があり、その働きは多岐にわたると言えるでしょう。
例えば、二日酔いの改善です。
この場合は、肝臓の組織に関係するアミノ酸を摂取すれば良いでしょう。
記憶力を高めたければ、脳の伝達物質を高めるものを重点的に摂ればOKです。

ただし、どのタンパク質も複数のアミノ酸から作られていることを考えると、一概にどのアミノ酸がどの症状に効くと断言することはできません。
例えば、筋力をアップさせるBCAAを摂っても、その結果、美容に役立ったという方もいらっしゃいます。

糖尿病対策なら、アルギニンが最適です。
これもローヤルゼリーに含まれているアミノ酸です。
糖尿病はインスリンの分泌異常から発症しますが、アルギニンはインスリンに深く関係している成分です。
この成分はインスリンの分泌を促進して、症状を緩和してくれます。
血行促進作用もあるので、動脈硬化の改善にも有効です。