ローヤルゼリーで若返り!

メインイメージ

野菜や果物を食べよう

神秘の健康食品、ローヤルゼリー。
その働きを十分に実感するためには、普段の食生活で栄養素をバランスよく摂ることが欠かせません。
こちらのページでは、海草を食生活に織り交ぜて栄養バランスを保つという方法を紹介していますが、ここでは、果物や野菜と組み合わせて、健康を維持するというテーマで話を進めていきます。

例えば、次々と不思議な力が判明しているリンゴ。
リンゴをローヤルゼリーのサプリと一緒に活用するというのがおすすめです。
リンゴには、食物繊維が豊富に含まれていて、その11%はベクチンという成分から成り立っています。
ベクチンは腸内でビフィズス菌のエサとなって、腸内環境を整えてくれるほか、鉄分の吸収を促すことがしられています。

鉄分はローヤルゼリーに豊富に含まれている成分。
赤血球の源となって、貧血予防や疲労回復に役立ってくれます。
それぞれに相乗効果を実感できるというのは、非常に魅力的と言えるのではないでしょうか。

また、リンゴは風邪などの発熱時の栄養補給に役立つ食材として古くから活用されてきました。
その理由は特有の有機酸であるリンゴ酸に抗炎症作用や解熱作用があるためです。
エネルギー代謝を円滑にしてくれるという作用もあるので、疲労時に摂取するのが、やはりおすすめです。
最近ではリンゴポリフェノールの持つ強力な抗酸化作用が注目を集めています。
ローヤルゼリーの抗酸化作用と一緒に活用すれば、その降下の範囲は驚くほど広くなります。

アレルギー症状を緩和したり、オーラルケアに役立ったり!
虫歯や口臭の予防にも使えるのですから驚きです。
善玉コレステロールを増やすという働きもあるので、肌をキレイに保つ効果も期待できます。

リンゴの果汁には、バナナと同様に免疫力を高めるという働きがあります。
医者要らずの諺どおりであるということが最近になって分かってきました。

このほかに、ローヤルゼリーと一緒に活用したい食材として挙げられるのが温州みかんです。
温州みかんは癌予防への期待が高まるベータクリプトキサンチンが豊富に含まれています。
輸入オレンジの約100倍ものベータクリプトキサンチンが温州みかんには含まれています。
これは色素成分の一つで、カルテノイドの一種です。
発ガン抑制効果はベータカロテンの5倍以上とも言われています。

他の食材との食べ合わせや、どんな食べ物をどれだけ摂っているかという状況にもよりますが、大体、一日二個の温州みかんを食べるのがおすすめ。
これだけでも十分な癌予防対策になると言えるでしょう。
ここにローヤルゼリーのデセン酸の働きが加われば、さらに効率よく効果を実感できるようになるでしょう。