ローヤルゼリーで若返り!

メインイメージ

ローヤルゼリーを摂取する時の注意点

ローヤルゼリーは自然の栄養素の塊といってもよく、主に花粉や蜂の体内の成分からできています。
また、ローヤルゼリーを摂取して太らないこちらの記事も大変参考になるかと思います。

蜜蜂は農薬に近づくだけで死んでしまいますので無農薬で精製されていますが、
蜂がどんなものを集めて作ったのかまでは分かりません。

分析ができるのは栄養素のみとなっていますので、元が何であったのか分からないのです。
そのためにアレルギー反応や喘息、場合によっては花粉症の人にまで副作用というわけではありませんが拒絶してしまうといってもいいでしょう。

どうしても飲みたい人は医師に相談して、自身が何のアレルギーを持っているのかを正確に把握して
それらが使われていないようなローヤルゼリーを見つけるか、
少しだけ試すということもできますが、難しいですしアレルギーなどが悪化しかねませんのでお勧めは出来ません。


また1歳未満の赤ちゃんや6歳未満の幼児にとっては毒と同じです。
その理由は、ボツリヌス菌の感染による危険があるためであり、大人には問題がないボツリヌス菌ですが、腸内環境が未熟な乳幼児には大変な危険を及ぼします。

6歳を超えて小児から上の年齢になるとある程度の免疫力はついているので、健康や発育促進のためにもよいものになります。

飲みやすいローヤルゼリーサプリメントは数多く販売されています。
しかしながら大人でも飲みにくく感じるほどのローヤルゼリーは子供が飲むのはとても大変です。
カプセル状なのは幼いと飲みこめませんし、錠剤は苦い薬のように感じてしまうかもしれません。

飲みやすいように割ってあげればいいのでしょうが、甘いものと一緒に摂りますと
体内のビタミンB1が消耗してしまいますし、お茶などといっしょではお茶の中のタンニンがローヤルゼリーの中の鉄分を吸収してしまいます。
これは大人にも該当しますので、ローヤルゼリーの口直しには水が一番ふさわしいでしょう。


ローヤルゼリーの摂取時間はきちんと決まっているわけではありません。
ですが、毎日摂取してこそ効果を発揮してくれるものでもありますので
飲むことを習慣づけるのがいいでしょう。
こちらのサイトxn--h1s64a26mrz3awb1a.wsも詳しく解説しているので、わかりやすいです。
ぜひ、ご覧ください。