ローヤルゼリーで若返り!

メインイメージ

方法4:製造過程のコダワリで選ぶ

ローヤルゼリーの製造過程に関する知識をこのページにまとめました。
知れば知るほど興味深い神秘の健康食!
その生産から出荷までの流れを解説します。

はじめに・・・

一匹のハチが一度に分泌するローヤルゼリーの量は約0.007gだけ。
1gのローヤルゼリーを集めるのには、15万匹もの働きバチが必要ということになります。

採集が盛んになるのは花の多い季節で、新しい女王蜂を誕生させるために働きバチが代わる代わるローヤルゼリーを分泌していきます。
しかし、王台一つを満杯にしても採集できるのは0.3gだけ。
しかもこれは採集量がピークに達する初夏に限ったことですから、ローヤルゼリーがどれだけ希少かということが良く分かります。

自然の営みに任せれば、上記のようにごく僅かしか生産できません。
そこで開発されたのが人工王台という設備です。

ローヤルゼリーの生産は、この人工王台からスタートします。

品質を決める製造工程

ローヤルゼリーは各メーカーによって異なる環境で製造されるのですが、最初の部分は基本的に同じ!
それが採乳~冷凍~ろ過という流れです。
採集したものを如何にすばやく迅速に冷凍するかによって鮮度に差が出ます。

その後、乾燥と粉砕が行われます。
【良い製品】を見極めるために大切なのは、乾燥段階をチェックすること。
メーカーごとに方法が違うので、必ずチェックするようにしましょう。

良い例は【山田養蜂場 酵素分解ローヤルゼリーキング】です。
真空凍結乾燥(フリーズドライ)という手法がとられていて、栄養素のバランスや質を壊さない様にしています。
その為、効果も実感しやすいのです!

逆に悪い例は、どのサプリとは言いませんが、加熱によって乾燥工程を行っているもの。
加熱してしまうと、栄養素が損なわれてしまうケースが多いからです。
せっかくサプリを飲んでいても、加熱乾燥されたものだと効果を感じにくくなってしまいます。

乾燥の後は、実際にサプリの形にコーティングされていきます。
そして、パッケージングされて私たちの手元に届くというわけですね。

吸収率にこだわるメーカーを選ぼう!

実は、ランキングに登場しているサプリの中でも特にコダワリをもってサプリを製造しているメーカーがあります。
それが【山田養蜂場】です。
原材料の確保から製造にいたるまで、徹底した品質管理が実施されています。

特に「他のサプリと違う」と感じるのは、吸収率へのこだわり。
新鮮なローヤルゼリーをスムーズに体内に摂取できる様に、アミノ酸にちょっとした工夫を施しています。
それが製品名にもなっている【酵素分解】という技術です。

ローヤルゼリーに含まれている良質なタンパク質を細切れのペプチド状態にまで分解しているのです。
これによって、アミノ酸が吸収されやすくなっています。
同じ含有量でも効果が実感しやすいのです。

ちなみに、この酵素分解技術は山田養蜂場が特許を取得しています。。
【山田養蜂場 酵素分解ローヤルゼリーキング】でしか実感できないコダワリです。

このサプリにはお試しセットが用意されていて、1080円で6日間試すことができます。
まずはお試しから始めてみると【違い】が実感できるかも知れませんね!

検査の徹底度もチェック!

どんな検査がどれくらい徹底して行われているか・・・というのも品質を見極めるポイント。
優秀な製品を見つけるためのカギです。

例えば、【山田養蜂場 酵素分解ローヤルゼリーキング】であれば原材料の採集状況がしっかり記録されています。
いつ・どこで・誰が採取した原材料なのかが分かる【トレーサビリティが確保された】製品です。
さらに、集荷工場や自社工場、公的分析機関など計8回もの品質検査が行われています。

最後の工程では機械だけでなく、検品担当者によって一粒ずつ厳しくチェック!
機械だけでなく、人間の目でも確認が行われていて、すべての検査をクリアしたものだけが私たちの手元に届きます。
これだけチェックが徹底されていれば、安全・安心ですよね!