気になるポイント解説!より良い活用方法|気になる!ローヤルゼリーガイド

ローヤルゼリーで若返り!

メインイメージ

気になるポイント解説!より良い活用方法

ローヤルゼリーの飲み方と使い方について解説!
気になるけど、いまさら人に聞けない基本のポイントを丁寧に説明します。
より高い効果を実感するために、ぜひ参考にしてください。

糖衣粒 or 生のローヤルゼリー

糖衣やソフトカプセルに入っているタイプの製品もあれば、生で摂取する製品もあります。
どちらを選べば良いのか・・・初めて購入する方にとって悩んでしまうポイントです。

結論を言えば、おすすめはカプセル等に入っているサプリメントタイプです。
ローヤルゼリーは実は胃酸に弱く、胃酸で有効成分が損なわれてしまうケースが多いのです。
カプセルや粒タイプなら、胃酸の影響を受けずに腸で溶けて吸収できるように工夫されているものが殆ど。
つまり、効果も実感しやすいのです。

逆に生のローヤルゼリーは【生】であるために保管方法にも細かい気遣いが必要になります。
いつでもどこでも持ち運べるといった利便性もありません。
味も強烈ですから、正直なところ「使いにくい」と感じる場面が多いでしょう。

とは言っても、粒状タイプの製品なら何でも良いというわけではありません。
加工技術が低いと、ヒビや割れ、変質などが生じてしまいます。
そういったトラブルを避けるためにも【山田養蜂場 酵素分解ローヤルゼリーキング】などの信頼できるメーカーを選ぶようにしましょう。

有効成分をしっかり摂る正しい飲み方

ローヤルゼリーの有効成分がしっかり吸収できる時間帯はずばり食事のタイミングです。
朝食・昼食・夕食のいつでも大丈夫なので、食事の前後に飲むようにしましょう。
飲み方は水 or ぬるま湯で!
熱すぎるお茶などで飲むと、有効成分が壊されてしまう可能性があるので、おすすめできません。

また、お茶に含まれているタンニンという成分は、ローヤルゼリーの有効成分である鉄分の吸収を妨げてしまう可能性があります。
お茶やコーヒーを食後に飲む場合は、サプリを飲んだ後、30分から1時間ほど間隔を空けるように心がけましょう。

漢方薬との併用も避けた方が良いですね。
漢方薬にもタンニンが含まれている可能性があるからです。
また、市販薬との併用はOKですが、処方された薬と一緒に飲むことを考えている場合は医師に相談してから併用するかどうか決めた方が良いでしょう。

保管方法について考える!

生ローヤルゼリーの場合は冷蔵庫での保管が必須ですが、糖衣粒状のサプリの場合はどの様に保管するのがベストなのでしょうか?

基本的には、糖衣状であればボトルの外の影響は受けにくいので、常温でも1~2年ほど持つと考えられます。
外箱などに記載されている賞味期限を参考にしましょう。

とは言え、開封後はフタをしっかり閉めるといった対策は必須。
また、早めに使い切ることを心がけると良いでしょう。

飲み始めてから変化を感じるまでの期間

ローヤルゼリーは薬ではなく健康食品。
その為、身体の変化を感じるまでにはそれなりに時間がかかります。
飲み方や選んだ製品によって個人差はありますが、大体の目安は2~3ヶ月と言われています。

もちろん、規則正しい生活をしていて、そのうえでサプリメントを飲んでいる。
使っているのはランキングなどにも掲載されている高品質なサプリ。
ということであれば、1ヶ月やそれ以下での効果実感も可能でしょう。

いずれにしても、結果をあせらずにじっくりと続けるのがポイントです。